病院で駄目でも諦めない四十肩治療記

四十肩と五十肩の違いとは?

四十肩と五十肩ってよく聞くけど、何が違うのか?

四十肩、五十肩に厳密な違いはありません。症状が出てくる年代によって呼び方を帰ることがあるくらいと言えるでしょう。

なぜ四十肩と五十肩に違いがほとんどないというと、この四十肩、五十肩の両方とも、肩関節周囲炎と呼ばれる症状であるからです。

この肩関節周囲炎というのは、肩関節に関係する筋肉に炎症が起こってしまったり、あるいは何からの影響で関節に制限が出てきてしまうことを意味します。

肩関節に制限が出てきてしまうので、日常生活の動作が非常にしづらくなったり、寝ている時に痛みを感じることもあります。多くの場合この四十肩、五十肩はそれほど重くない、多くの人が経験する症状と考えてしまうことになりますが、実は、この肩関節周囲炎の症状によっては、肩関節が制限されてしまうだけにとどまらず、肩関節が全く動かせなくなってしまう場合もあります。

肩が全く上がらない緊急事態を防ぐためにも!

そのためしっかりとした診断、しっかりとした対処が必要になっていきます。痛みが非常に強い時などは服薬などによって対処をすることもありますが、症状が軽い場合、または改善してきた場合には、温熱療法や、運動による治療が効果的とされています。

肩の動きが大きく制限されてしまうというのは、健康な人からするとあまりイメージができないかもしれません。

などとても不自由な思いをしてしまうことが多いです。

肩関節は人体の関節の中でも、比較的よく動かすことが多い関節ですが、だからこそ制限が出てきてしまう時の影響力というのは大きなものになっています。

また普段からあまり動かすことがない人や、肩関節炎とはいかずとも、肩こりなどの原因になり、日常生活でちょっとした痛みを感じてしまうなんてこともあると言えるでしょう。適度に動かし、また肩関節を動かす運動をとり入れていくと良いでしょう。

どうしても症状が良くならない、大きな改善が見られないという場合には、手術を行なうこともあります。ただ、一般的にはあまり行なわないものであり、また運動療法などで肩の使い方を覚えていったほうが、再発、または症状悪化を防ぐことがしやすいと言えるでしょう。

年齢を重ねていくほど症状の発症率が高くなるからこそ、四十肩、五十肩と言われていると考えて良いと言えます。そのため中年期から高齢期の人はより注意しておく必要があるでしょう。